スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

32レッドカジノは、2002年にオンラインカジノゲームサイトとして創業を開始いたしました。2005年には、あのお堅いイギリスのロンドン証券取引所に上場されています。
2003年から2012年に至るまで、オンラインカジノゲームの名だたる賞を独占状態なのです。まさにオンラインカジノゲーム界のサラブレッドと呼ばれるにふさわしい、サイト運営内容です。ペイアウトが高いのはもちろんですが、その運営は専門機関から厳しく管理されており、フェアなビジネスで、世界中のオンラインカジノファンを魅了いたしております。

今回、日本のアフィリエイト仲介業者を介さず、英語で交渉して、直接、32レッドカジノとのアフィリエイト契約にこぎ着けました。日本語化が随分と進んでいます。

ホームページでサイトの研究をされたら、練習プレー(プラクティス)で遊んでみるのが早道です。慣れてきたら、30ドル程度送金して、即、実戦が楽しめます。

パチンコ屋で使うお金の十分の一の金額で、10倍遊べます。
但し、ルーレットとブラックジャックに限ります。
小額をベットして、出来るだけ長い間遊ぶ。これがコツです^^。


32レッドカジノホームページ
32レッドカジノ練習プレー(プラクティス)

2013/05/11(土) 18:36 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

オンラインカジノゲームでペイアウトが100%を超えているゲームが何種類かあるようでございます。
そんなことをしたらカジノ自体が倒産してしまうのではないかと一瞬考えました。
そのときに頭の中に浮かんだのが、デパートやスーパーで時々お目にかかる特売セールです。

特売セールでは採算を度外視して格安で商品を提供していますが、これは、集客の為なのです。
特売品の安さに目がくらんだお客さんたちをたくさん引き込んで、ついでに他の商品も購入して貰おうという作戦なのです。

特売品はすぐに売り切れます。
なぜでしょうか?
普段、高価で手の届かなかった商品(欲しかったあの品この品^^)が激安で手に入るからなのです。
運良く特売品を購入できたお客様の喜び、満足度は計り知れませんね。

サイトを丹念に調べていたら、オンラインカジノゲームにも、この特売品のようなゲームが存在するのです。
ペイアウトが100%を超えているゲームです。
カジノゲームは所詮確率のゲームです。
ペイアウトが98%と高くても、長い間の勝負ではカジノ側が勝つ仕組みです。

落としどころとして、ペイアウトが100%を超えているゲームに集中して遊ぶってのはどうでしょうか。
これなら、例え短期的には負けたにしても、長期的には必ず勝利します。
カジノ側の有利な立場とゲーマーの不利な立場とが入れ替わる瞬間なのです。
これなら、カジノで生計を立てることだって、あながち夢だとは言えなくなるのではないでしょうか。

カジノで生計を立てようと決心したあなたには海外に打って出て非居住者となることをお勧めいたします。
物価の安いタイやフィリピン、シンガポール、マレーシアなどがお勧めです。
ラオス、カンボジア、ベトナムなんていうのも良いと思います。
その理由(わけ)を簡単にご説明致します。

これらの国々ではインターネットが格安で使えます。衣食住だって格安なのです^^。
グレーゾーンにある日本のオンラインカジノゲームプレーヤーは海外に進出することによって、大儲けしたときに課税されることもなくなります。税金のことだけ考えれば、タックスヘイブンのシンガポールがベストなのですが、その他の国も押し並べて課税はされません。これを野放し状態といいます^^。

まずは、こちらのオンラインカジノ比較ランキングと攻略法で、じっくりと研究してください。



recent affiliate postings (最近の記事):

http://srachai.blog.so-net.ne.jp/2012-08-22-1
http://ameblo.jp/srachai/entry-11330707513.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyoshimat2000/37387671.html
http://kiyoshimatforseesaa.seesaa.net/article/286265343.html
http://sky.ap.teacup.com/srachai/715.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120810/1344574852
http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201207020001/

2012/12/20(木) 07:52 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

一体、人は何のために生きるのでしょうか。人それぞれだとは思います。キーワードは価値観です。
その人の育った環境や受けた教育など、様々な要因により人間の持つ価値観は変化します。
どのような人生を送るのが妥当であるのか、人それぞれだと思います。

1) 国家公務員試験上級に合格して官僚となり、日本を支える
2) 民間の会社に入社して、滅私奉公で会社のために尽くし、会社のトップに登り詰める
3) 幸せな家庭に恵まれ、安月給でも楽しく生活している(私です^^)
4) 株式投資、FX投資で大儲けして世界一周旅行をする
5) 宝くじの一等を当てて、遊んで暮らす

等々きりがありませんね。

でも、ちょっと待って下さい。

人間の命には限りがあります。

結論を先に言ってしまえば、勝ち組も負け組も終着点は、まったく同じだということなのです。
豊臣秀吉が亡くなる直前に詠まれた一句です。辞世の句とも^^。
「露と落ち露と消えにし我が身かな浪速のことは夢のまた夢」
この一句に人間の一生が凝縮されているのではないでしょうか。

私は建設ゼネコン勤務でしたので麻雀は必須課目でした。
花札(こいこい)で一晩に10万円勝って興奮した経験や、朝までおいちょかぶをやり100万円近く負けそうになったこともあります。青くなって、真剣にプレーして挽回いたしました。
ゴルフも必須課目ですが、私にはギャンブル系のほうが向いているようでした。
ギャンブルに熱中している間だけは、死の恐怖から解放されるのです。
早期退職するまで勤め上げることが出来たのは、もしかしたらギャンブルのおかげかも知れませんね。

仕事に熱中するのも良いことです。
ですが、仕事一筋という人生は疲れます。
熱中出来る何かが不可欠なのです。
それには脳を活性化させるカジノ遊びが最適であるということを体験いたしました。
カジノ遊びはコロンボで覚えました^^。(実戦カジノ歴3年^^)

オンラインカジノというのをご存知でしょうか?
2000年ころから、インターネットサイトに現れ始め、今や世界中でオンラインカジノゲームサイトの花盛りです。オンラインといえども、やっていることは本当のカジノと同じです。(お金を賭けて遊ぶのです^^)
FXや株式投資もオンラインでリアルタイムで出来るようになりましたが、オンラインカジノも同じです。24時間、自分の好きな時間帯に好きなだけプレー出来るので、ある面では本物のカジノ以上なのです。

ところで、
オンラインカジノは違法じゃないの? って思ってる人には、日本では未だにグレーゾーンだという見解で正しいと思います。今後、パチンコビジネスみたいに、オンラインカジノゲームだって解禁して欲しいと切に思います。そうすることにより、日本経済に活力を与えることになるのは明白です。パチンコ、パチスロ業界の繁栄を見れば、疑う余地はないでしょう^^。


recent affiliate postings (最近の記事):

http://ameblo.jp/srachai/entry-11330707513.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyoshimat2000/37387671.html
http://kiyoshimatforseesaa.seesaa.net/article/286265343.html
http://sky.ap.teacup.com/srachai/715.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120810/1344574852
http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201207020001/

2012/12/20(木) 07:51 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

オンラインカジノファンなら、これは見逃せませんね。 
「ヒメVSベル」史上最大の対戦が実現しそうです。
日本のオンラインカジノ業界では草分け的存在のベルさんに挑戦者が現れました。
なんと女性です。その名もおヒメ様。

これは見応えのある試合となるでしょうね。
体力では、おヒメ様が圧倒的に有利なのですが、どっこいカジノはメンタルなゲーム、強靱な精神力が勝敗を決するでしょうからね。

無謀にもベルさんに挑戦状を叩きつけたおヒメ様は、オンラインカジノゲームサイトを運営する、言わば同業者。
体力に勝るおヒメ様が勝利を手にするのか、はたまた、精神力の権化ベルさんが勝利するのか気になるところです。いずれにしても、この直接対決を機に愛が芽生えちゃったりすると、これは問題です。おヒメ様はよく知りませんがベルさんはれっきとした家庭のご主人様でもあるからです。

今回の特別企画、挑戦者現る!には、スラチャイも腰を抜かしてしまいました。
勝利者予想の投票があれば私も1票を投じようかと考えております。
( ̄o ̄)え?
どちらに投票するのかって?

まだ決めてません(汗);

注目の対決は近日公開だそうです。

目が離せませんね^^。

実は、明日の土曜日にこの記事を掲載する予定だったのですが、ベルさんのサイトを訪問したら、なんと、勝負はすでに始まっていました(汗);

で、急遽今から記事を掲載いたします。

なんだか、危ない展開なのですよ^^。
もう少しで、ベルさん罰ゲームとして東京のど真ん中の繁華街でサンドイッチマンにされるところでした。おヒメ様、強敵ですね。なにしろあの体力ですから、今回ばかりはやられちゃってしまうかも知れません^^。

「ヒメVSベル」史上最大の対戦 をお見逃しなく!



recent affiliate postings (最近の記事):

http://blogs.yahoo.co.jp/kiyoshimat2000/37387671.html
http://kiyoshimatforseesaa.seesaa.net/article/286265343.html
http://sky.ap.teacup.com/srachai/715.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120810/1344574852
http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201207020001/

2012/12/20(木) 07:51 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

影武者という黒澤明監督の映画がありましたが、最後のシーンで影武者である仲代達也扮する武田信玄の影武者が信州の山間(やまあい)の川を流されるシーンでは、その川底で武田軍の軍旗が美しくはためいていました。
死体の流れる様が気に入らないということで、建設省にかけあって川の流れを工事で変えた話しはあまりにも有名です。
信長の鉄砲隊に狙撃され、とぼとぼと川のほとりまでたどり着いた信玄の影武者が、川底で美しくはためくのぼり旗を見つめながら、目に見えない何かを掴もうとあがいた後に前のめりで川に浮かびました。
叶わぬ夢を最後の瞬間まで追い求める、このラストシーンに私は胸を熱くいたしました。

人は一度生れ落ちると、必ず一度天国に召されます。
だからこそ、限りのある、この生かされている時間がとても大切に思えるのでしょう。
結末が分かっているので、生きている間だけ楽しく過ごせればそれで良いと考える人も多いです。
それでも、折角こうして生まれてきた以上、熱く燃えたいですよね。
人がギャンブルにはまるのは、このような心の働きが無意識に作用しているのではないかと考えられます。
本能のなせる業、叶わぬ夢を追い求める男のロマンだということもできます。
で、私は過去3年間ですが、カジノにずっぽりとはまってしまいました^^。

オンラインカジノを始める前には最小限の心得が必要です。
私はアルコール依存症ですが、最初の一杯に口をつけたら、後は行き着くところまで飲み続けます。(現在断酒中)
ギャンブルにもギャンブル依存症があります。母はパチンコ中毒でした。遺産相続で思わぬ大金が転がり込んで来てから人が変わってしまったのです。それで家庭が崩壊いたしました。家族の絆を失ったのです。
ですから、これは私の経験から言えることですが、ギャンブルにのめり込み家庭を崩壊させるような人はオンラインカジノをやらないほうが良いでしょう。

カジノは所詮遊びですが、たまに大勝ちして豊かな気分になることも多いのです。
その開放感は、まるで殿様になったような気分です。
その反対に、のめり込んで一晩に10万円単位で負けるようになると、これは深刻です。
同僚でそういう人を見て来ました。
カジノ遊びには、つまるところ自制心も必要な遊びだと言うことが出来ます。

オンラインカジノ遊びを始める前には多少の準備が必要です。
初心者入門書・マニュアルで事前学習してからカジノに乗り込みましょう。


recent affiliate postings (最近の記事):

http://kiyoshimatforseesaa.seesaa.net/article/286265343.html
http://sky.ap.teacup.com/srachai/715.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120810/1344574852
http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201207020001/

2012/12/20(木) 07:50 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

日本政治史上、極めて異色の政治家である浜田幸一さんがこの8月5日に逝去されたそうです。謹んでご冥福をお祈りいたします。
千葉県富津市は小さな港町ですが、仕事で何度かこの街を訪問したことがあります。
浜田幸一さんは稀代の熱血漢、国会で対立議員を拳(こぶし)でぶん殴るシーンはNHKのテレビでも放映されました。最近でもツイッターで過激な発言をされていましたね。
この浜田幸一さん、ギャンブルが大好きだったみたいですね。
数十年前の話しですが、一晩にラスベガスで4億5千万円負けたと、週刊誌に書き立てられていました。彼がのめりこんだカジノゲームはバカラです。

それから、これはつい先日のニュースですが、王子製紙の前会長の100億円使い込み事件です。
ラスベガス、香港、マカオなどで遊び、気がついたら100億円負けてしまっていたということですが、こちらもバカラです。
広尾の豪邸はすでに差し押さえられているようですが、評価額は5億円程度です。
残りの95億円、またバカラで返すなんて考えているのかも知れませんね。
私はアルコール依存症ですが、彼はギャンブル依存症だと思います。(断酒1年経過^^)

カジノは3年間ほどコロンボのカジノで遊んだ経験がありますが、手を染めたのはルーレット、ブラックジャックとスロットマシンだけです。このカジノの片隅にバカラも、ご開帳されていたようです。中国人向けでしょうか、漢字で「大小」という看板がかかっていたのを思い出しました。バカラのルールはまったく知りませんが、トランプの札を使い、プレーヤーとバンカー(ディーラー)に二枚か三枚の札を配り、数字の合計の端数(一桁の部分)で勝敗を決します。
ルーレットの赤黒勝負と同じように、配当が掛け金分となる五分五分の勝負が、分かりやすくて楽しめそうですね。これなら私でも遊べそうです。

バカラの攻略法・必勝法はこちらです。 私もこちらで学習いたしました。


こちらの画像でバカラの遊び方が分かります。(オンラインカジノの場合です)






recent affiliate postings (最近の記事):

http://sky.ap.teacup.com/srachai/715.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120810/1344574852
http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201207020001/

2012/12/20(木) 07:49 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

もしもこの世にオンラインカジノで100%勝利できる必勝法なるものが存在するならばオンラインカジノの経営は行き詰まってしまいます。実際には、星の数ほどのオンラインカジノゲームサイトが、しのぎを削る過酷な世界となっています。淘汰されずに生き残っているサイトは、客先(ゲイマー)を適度に遊ばせるテクニックに優れたサイトだと言うことが出来ます。適度に遊ばせるというのは、ときどきゲイマーにも勝たせるチャンスを与えることに他なりません。ギブアンドテイクの世界だと表現することも出来ます。

人がカジノに、はまる心理は、年末やサマージャンボ宝くじを買う心理に酷似しています。
誰も一等の二億円が当たると思って宝くじを購入する人はいないでしょう。
宝くじを買うことにより、それで、抽選日までワクワクした生活が送れるからなのです。
宝くじで一等を射止めたとしても、人間はいずれ天国へ旅立ちます。同じ事なのですが^^。
それでも、夢を追い求めるのが人間の性(さが)だと感じました。

オンラインカジノ必勝法として有名なものは、ブラックジャックのカウンティングとルーレットのマーチンゲール法です。その概要を、ほんのさわりだけご説明いたしましょう。

1) ブラックジャックのカウンティング

効果は絶大ですが、カウンティングの練習(暗算)は必須です。
大勝ちしたい人、ギャンブルに命をかける人はこちらですが、かなりストレスフルだと思います。ポーカーフェイスが肝要で、カジノ側から目をつけられれば出入り禁止の措置を受けるようですね。アメリカの一流大学の学生たちが、グループでチームをつくり役割分担して荒稼ぎをした話しは有名です。

カウンティングの方法については次の画像で簡単に理解できます。





2) ルーレットのマーチンゲール法(倍賭け法)

私はルーレットでは赤黒勝負にこだわりますが、偶数奇数勝負でも同じです。
偶数奇数勝負では緊迫した空気の中で勝ち負けを瞬時に判別できない場合があったので、判別の容易な赤黒勝負にしたのです。(実戦カジノ歴3年)
これは、私がカジノ側が用意するお酒(ブランデー、ウイスキー)を遠慮無く、がぶ飲みするのも原因なのですが^^。
一晩に使うお金は週末に1万円程度。コロンボの日本人向けバーでホステスを相手にして飲めば、これくらい取られます^^。それよりも、カジノのほうが楽しく感じました。

マーチンゲール法の詳細 については文字のリンクを開いて確認できます。


recent affiliate postings (最近の記事):

http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120810/1344574852
http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201207020001/

2012/12/20(木) 07:48 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

ハウス・エッジとは一体何でしょうか。

あるサイトから引用しました。

ハウス・エッジとは、カジノがオンライン上のプレーヤーに対して優位性をとることを言います。ハウス・エッジはゲームのルールや賭け金・オッズなどにより、ゲーム毎に違います。オッズによって主に計算され、勝敗率を決定しています。一般的に、ハウス・エッジは勝った時の配当オッズと、実際にプレーヤーが勝った時に受け取れる金額の違いを言います。

これを読んだだけでは、ハウス・エッジというものの本質は掴みづらいですね。
あまりにも抽象的なので、理解しづらいのでしょう。
で、私は次のように解釈いたしました。

ハウス・エッジとは、カジノ側の取り分、手数料なのです。
当たり前ですが、ハウス・エッジの大きいカジノは敬遠されます。
ハウス・エッジが小さいカジノでは、長期に渡れば負けるにしても、十分に遊んだという満足感は残ります。これがカジノ経営の秘けつなのですが、このさじ加減は両刃の剣、運営は結構難しいのです。

ハウス・エッジを大きくし過ぎれば、そのカジノから客足が遠のくでしょうし、反対にハウス・エッジを緩(ゆる)めすぎれば、場合によってはカジノ側が赤字決算という事態に追い込まれます。それでは、カジノ経営の意味がなくなってしまいます。

具体例でご説明いたします。

アメーバピグのルーレットのハウス・エッジは5.26%です。
それはルーレットの赤黒勝負などをするときに、カジノ側の取り分となる緑色の部分が二カ所もあるからなのです。すなわち、0と00です。
アメーバピグでは、赤が18個、黒が18個、緑が2個のルーレットを使います。
この場合のカジノ側の取り分計算してみましょう。

2/(18+18+2)=5.26%

となります。

簡単ですね。

ルーレット勝負をするときに気をつける点は、この緑が1個のルーレットを使っているサイトを狙うということです。この場合のハウス・エッジは次のようになります。

1/(18+18+1)=2.70%

アメーバピグのルーレットで遊ぶよりも、緑が1個のルーレットを使用しているインペリアルカジノやジパングカジノで遊ぶほうが、長い時間ルーレットを楽しむことが出来ます。

何故、確率と統計の論理では、長期に渡れば負けることがはっきりしているのに、カジノで遊ぶのでしょうか。ずばり、勝つことも多いからです。
カジノはその浮き沈みの様が人生の縮図だと表現さることがありますが、私は人生そのものだと感じました。カジノで遊んだ後は、脳が活性化されて翌日から元気で働けます。

recent affiliate postings (最近の記事):

http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201207020001/
http://kiyoshimatforfc2.blog36.fc2.com/blog-entry-1955.html
http://kiyoshimatforseesaa.seesaa.net/article/275988363.html
http://srachai.blog.wox.cc/entry798.html
http://ameblo.jp/srachai/entry-11277169680.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120613/1339558019
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyoshimat2000/37160252.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120523/1337749413
http://sky.ap.teacup.com/srachai/603.html

2012/12/20(木) 07:48 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

私はルーレットが大好きですが、その中でも赤黒勝負が一番大好きなのです。
赤か黒かと問われれば、やはり赤ですね。
運命の女神のお気に入りは、過去三年間だけの経験で言えばやはり赤なのです。

で、1500万円を赤黒一発勝負した男のビデオでは、久しぶりに大興奮。血圧が上がって鼻血が出そうになりました^^。
結果は7の赤でしたが、不思議に納得させされました。やはり、運命の女神は陽気な雰囲気と赤を好むようですね。
わずか1分にも満たない勝負で1500万円を手にしてカジノを立ち去る男の姿にはギャンブラーのオーラを感じてしまいました。久々大コーフンしました^^。

私のカジノ歴はスリランカ駐在時の3年間のみですが、当時のルピーの為替レートを考えると、赤黒勝負で一回1000円でした。安いほうのチップ一枚で1000円くらいだったのです。一枚1万円のチップもありましたが、私はそれを購入したことはありません。いつも一枚1000円のチップを10枚購入してカジノで一時間程度遊びました。
高級洋酒といっても、ジョニ黒、シーバスなどのウイスキーと私の大好きなブランデー、ヘネシーVSOPが飲み放題ではありました。

カジノで勝っては、コロンボの日本料理店や日本人向けのバーで気勢を上げ、負けたら残念会。
勝っても負けても週末はコロンボで大いに飲みまくりました。
私の人生でカジノは大切なパートナーとなっていましたね。
生きている内に本場のカジノで遊んでみたいです。
それが無理ならば仮想現実空間ではありますが、オンラインカジノゲームがあります。
久々に血が騒ぎました。63歳になったところですが^^。

1500万円を赤黒一発勝負した男 (最下段のユーチューブ)

オンラインカジノのルーレット攻略法をわかりやすく解説!


recent affiliate postings (最近の記事):

http://kiyoshimatforfc2.blog36.fc2.com/blog-entry-1955.html

http://kiyoshimatforseesaa.seesaa.net/article/275988363.html
http://srachai.blog.wox.cc/entry798.html
http://ameblo.jp/srachai/entry-11277169680.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120613/1339558019
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyoshimat2000/37160252.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120523/1337749413
http://sky.ap.teacup.com/srachai/603.html

2012/12/20(木) 07:47 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

私は、例えそれが仕事でも遊びでも、ある程度つきつめて徹底的に追求するというか探求するタイプの人間です。
オンラインカジノゲームに関する記事を書きためたところで、私自身の反省も兼ねて、その本質を考えてみました。

例えば、あるオンラインカジノゲームサイトにおいて、特定の人が毎日必ず1万円の利益を稼いで帰るとすればどうでしょうか。その人はカジノゲームサイトでブラックリストに掲載されるのではないでしょうか。
大昔の映画「招かれざる客」のようなものなのです。カジノサイトでは迷惑な存在に違いありません。
オンラインカジノゲームサイトは寄付や慈善事業のサイトではありません。
それで、生計を立てている人たちにより運営されているのです。

私は次のように考えました。
オンラインカジノゲームでは、勝負する一回当たりの掛け金によりペイアウトの率が変化する。
ぶっちゃけた話し、1ドル掛けているうちには理想通り稼げます。10ドルでもそこそこでしょう。
100ドル張(は)った場合にはどうでしょうか。
恐らくペイアウトの率は極端に落ちるはずです。
そうしないと、カジノの運営が行き詰まってしまうからです。
カジノ側にとってペイアウトの率を操ること自体は容易い(たやすい)ことなのであろうと想像できます。

ですが、もしもカジノ側がかたくなにペイアウトの率を下げて来たらどういう結果に成るでしょうか。
そのカジノには人が寄りつかなくなります。それはカジノ側にとっては最悪の事態で、営業停止に追い込まれるはずですね。ですから、ペイアウトのほどよい調整、さじ加減というものがカジノ経営の成否を左右すると言って差し支えないと考えました。

カジノで生計を立てることはできます。ですが、多少のテクニックが必要です。
それは、リスクを分散されることと、小さく目立たないように稼ぐことにつきます。

1) 一回の掛け金は10ドル以下で勝負致しましょう。1ドルで遊んでいるうちには利益が出ます。(汗)
2) オンラインカジノゲームサイトは特定の一カ所に固執しないで、数カ所掛け持ちで楽しく遊びましょう。
3) なりすましの問題があるのでよーく考えないといけないのですが、例えば家族の代打ちをする。

要は、目立たないように小さく幅広く稼いでいる分には、カジノで生計を立てることが出来ると言うことなのです。
100%勝つという保証はあり得ませんが、だからこそカジノ遊びは勝利の喜びがひとしおなのです。

こちらのオンラインカジノ体験日記 に、似たような体験記が満載です^^。


recent affiliate postings (最近の記事):

http://kiyoshimatforseesaa.seesaa.net/article/275988363.html
http://srachai.blog.wox.cc/entry798.html
http://ameblo.jp/srachai/entry-11277169680.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120613/1339558019
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyoshimat2000/37160252.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120523/1337749413
http://sky.ap.teacup.com/srachai/603.html

2012/12/20(木) 07:47 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

先週は長い一週間でした。
大抵のことには驚かないスラチャイですが、思わず腰を抜かすような事件が二件立て続けに週刊誌で報道されました。

1) ショック 1

美絵子衆院議員と不倫チュ~で国交省55歳キャリア官僚更迭

国交省は14日、同日発売の週刊新潮で民主党の田中美絵子衆院議員(36)との不適切な交際を報じられた中部地方整備局の高橋浩二副局長(55)を更迭した。決定は13日付で官房付となる。同誌は駅構内で2人がキスをしたり、抱擁する写真など7ページにわたって掲載している。
国交省のキャリア官僚が、田中氏とのキス写真で更迭された。

私は、二年半前にコンケンから500キロ離れているバンコクの在タイ日本国大使館まで出かけて民主党に一票を投じました。可愛さ余って憎さ百倍って諺の意味を、身をもって体験することが出来ました^^。


2) ショック 2

「小沢は放射能怖くて逃げた」(小沢一郎婦人が週刊誌に暴露)

発売中の週刊文春(6月21日号)に載った「小沢一郎 妻からの離縁状全文公開」には驚いた。「小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。…岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」。地元・岩手の有力支援者に宛てた妻和子さんの手紙では、東日本大震災直後の小沢氏はかなり狼狽していたようだ。

私は今回の消費税値上げには反対でしたが、マスコミ(読売、朝日、毎日)の報道では、それを是認、推進する記事で溢れていました。この流れを止めることが出来るのは小沢一郎氏を除いて他はいないなって感じていましたので、受けた衝撃は大きかったのです。これで、法案可決はほぼ確定したのではと思いました。

3) 自信喪失より脱却するための対策

私はたくさんのブログやHPで自身の意見や見解を述べることが多いのですが、この二件の事件ですっかり自信喪失状態なのです。見損(みそこ)なったのです。

幸い、私には愛する妻と娘たちがいます。
妻子を毎日なんとか幸せに過ごさせてやることが出来ています。
日本語教師、翻訳家、タイ株式投資、アフィリエイトライターなどが主な仕事です。
それで、家族を食べさせていますが、収入は全部合わせても10万円足らずなのです^^。
結構充実はしているのですが。

それでも、私は今回の自信喪失状態からはなんとかして脱却したいですね。
カジノで荒稼ぎが出来れば金も稼げて自信も取り戻せるので一挙両得なのですが、バンコクまで行っている暇がございません。ここはオンラインカジノで我慢すべきですね。

本物のカジノでは、短パンやビーチサンダルなどのような軽装だと中に入れてくれません。
実際、私はスリランカでそれを体験しました。
ビーチサンダルをカジノ側で用意しているかかとの付いたサンダルに履き替えてから、ようやく入場が許されたのです。厳しいなって思いました。それに、入場者を厳しく管理制限しているガードマン(セキュリティー)はプロレスラーなみの体格なので、喧嘩しても負けます^^。素直に言うことを聞きました。
オンラインカジノだったら裸だってゲームを楽しめますね^^。

日本国内でオンラインカジノというものが認知され始めてから10年以上が経過しました。
この間(かん)、サイトの日本語も徐々に進み、最近では日本のサイトと見紛うばかりのサイトもいくつか存在いたします。ここはチャンスではないでしょうか。ピンチをチャンスに切り替えるのです。

オンラインカジノゲームCWC をお勧めいたします。

recent affiliate postings (最近の記事):

http://srachai.blog.wox.cc/entry798.html
http://ameblo.jp/srachai/entry-11277169680.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120613/1339558019
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyoshimat2000/37160252.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120523/1337749413
http://sky.ap.teacup.com/srachai/603.html

2012/12/20(木) 07:46 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。